photo001_224先日、お客様からこういった相談を受けました。

お客様は、どうやら建設業許可の有効期限が過ぎてしまったようです。

 

 

実は、許可の有効期限を経過したときは、更新の許可申請はできません。

この場合、建設業の許可を受けようとするときは、新規の許可申請になります。

 

新規許可の扱いですので、もう一度新たに各種の要件を満たさなければなりません。

このとき、一番問題となるのは資産評価の問題です。

 

一般建設業の場合ですと、自己資本が500万円以上であることが必須となるのですが、更新時にその条件が満たせないことなどは許可が取れないことになります。

 

ですから、更新は忘れないようにしてください。